出会い応援エピソード

スポーツマンと運命の出会い

スポーツマンと運命の出会い

友人から実業団のバスケットボールの試合を見に行かないかと誘われ、 興味本位で見に行くことになりました。 もともと私は小学校の時にバスケットをしていたので、大人になった現在も多少の知識は心得ている状態です。
観戦前に用事があり、開始時間から少し遅れていった私。 観覧席はどこかうろうろしていると、誰かにぶつかりました。 そこにはユニフォームを着用した男性がたっていて、すぐに選手とわかりました。 その方に謝ると、彼は「何か探しているんですか?」と優しく聞いてくれました。 観覧席を探している旨を伝えると、観覧席への行き方を教えてくれ、すぐに去っていきました。
彼のおかげで無事に友人と合流でき、試合を観戦していると、あの時観覧席を教えてくれた彼が出場していました。 あの時の感謝の気持ちもあり、彼を眺めていた私。 試合終了後に、友人から実業団チームと飲みに行こうと提案されました。 というのも友人はある実業団の選手と付き合っていたのです。
その飲み会に行くと、さっきの彼がいました。 思いがけず笑顔が出る私。 彼も気づいてくれて、気づけば隣で飲んでいました。 連絡先を交換して、何度かメールのやり取りをするうちに2人で会うようになりました。 体育系の男性は何でもリードしてくれ、とても楽しかったのを覚えています。 やっぱり体育会系の男性は男らしくていいですね。