出会い応援エピソード

漫画喫茶での出会い

漫画喫茶での出会い

私は先日、仕事が深夜まで残業で遅くなり、残業が終わったのは深夜12時過ぎになってからでした。 何とかJRの電車には乗る事が出来たものの、私が住む自宅マンションに通じる私鉄は既に終電が無く、私はターミナル駅で呆然としているばかりなのでした。
しかし、私は以前に同じ様に終電を逃した時に、カラオケボックスで一晩を明かした事を思い出し、カラオケボックスのあるターミナル駅そばのビルに向かったのです。
そして、カラオケボックスがあったビルに到着したのですが、既にそこにはカラオケボックスは無く、漫画喫茶があるのみでした。 私はこの際漫画喫茶で宿泊しても良いか、と思い直し、漫画喫茶に入店して手続きをすませ、個室ボックスに入り、一服した後、シャワーを浴びにシャワールームに向かいました。
すると、シャワールームの前にピチピチのタンクトップとホットパンツを来ているギャルが地べたに座りながらスマホをしていて、私は「邪魔だなあ」と思いながらそのギャルの脇を通ろうとすると、ギャルは「ねえ、おじさん」と話しかけてきたので私は「何」と返すと、ギャルは「援助しない?女子大生だから大丈夫だよ」と持ちかけてきたのです。 私はまあまあ今時のギャルで可愛い顔をしていたその女性とラブホテルでその晩何度もセックスをしたのでした。