出会い応援エピソード

偶然の出会いを末永いものにするコツ

偶然の出会いを末永いものにするコツ

運命の相手と出会えたとしても、その出会いを後にも続くものにできなければ意味がありません。 小学生の頃の友達でも、中学生のときの友人でも、大人になって関係が切れてしまったという人はたくさんいるはずです。そしてその人とは、これから一生会うこともないかもしれません。それを縁がなかったと、後悔することなくいられるでしょうか。
自分がいいな、これからも末永い関係を気付きたいなと思っても、受身でいてはそれきりの関係になってしまうことがほとんどです。出会いを先に続けるためには、積極的に行くことが何よりも大切なのです。
長く付き合っていきたいと思ったら、自分から繋がりを作っていきましょう。電話番号を渡す、メールアドレスを伝える、名刺の交換をしておく。言葉以外の具体的な方法で繋がれる手段を作りましょう。 相手が付き合いを望まない素振りを見せたなら、そこで引いて新しい出会いを探しに行くのが英断です。でも相手も特別アプローチを拒否する段階でないのなら、直ぐに再会に向けて動いてみて下さい。
二回、三回、四回と、過ごす回数を重ねるごとに、出会いを確かなものにしていくことができるでしょう。そこで満足して、つかず離れずの関係を築くのか、それとも後一歩踏み出すことを望むのか。関係をどうするかは、自分次第です。